カメラマン山村佳人のブログ   当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転載等の利用・使用はお断りします


by gujohachi-eb

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
カメラ
その他
行動録
雑感
美味しい
カゴ・民芸品
フッシング
ネコ
アウトドアグッズ
未分類

以前の記事

2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

フォロー中のブログ

トキシンのイラストレータ...
画餅作業室日報
オハリコフジヲの「きょう...

メモ帳

タグ

その他のジャンル

最新の記事

つぶやいてみました
at 2011-03-28 16:57
同一梱包
at 2010-12-27 00:11
サンタクロースがやってきた?
at 2010-12-25 00:31
新事実!!
at 2010-12-19 20:58
ビックリ腰!
at 2010-12-18 20:21

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北海道に行く 其の四 不安要素

北海道では富良野に滞在してました。我々世代が富良野といえば「五郎さん」なのですが、子供達は知らないので、当然のことながら「五郎さんって誰?」って聞いてくる。これはコーディネーターの私としては問題発生なのだ。当初の予定では、麓郷、美瑛、十勝岳近辺なんかを3日かけてのんびりまわってこようなんて考えていたのだが、「五郎さん」を知らない子供達にはどうなんだろう?こんな不安を抱えて富良野巡りはスタートした。
d0180073_1241493.jpg
d0180073_1251520.jpg
初日は台風のあおりを受けて雨スタート。そんな時は雨関係なしの「富良野チーズ工房」。ここは手作り体験工房という手作り教室があり、バター、チーズ、アイス作りが体験できるので、子供達にはもってこいの場所。そして工房内には試食コーナーもあり食いしん坊どもは大喜び。さらに隣においしいアイスミルク工房とピッツァ工房もあり、気持ちもおなかも大満足でした。












当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転載等の利用・使用はお断りします
[PR]
by gujohachi-eb | 2010-08-31 23:12 | 行動録

北海道に行く 其の参 フェリーって?

今回乗ったフェリーは、「フェリーあざれあ」号で、全長200mの結構大きい船でした。この船は、敦賀ー新潟ー秋田ー苫小牧東と各港に寄港する便に就航している。
d0180073_23172247.jpg

船内は結構広くて、ロビー、レストラン、売店、ビデオシアター、カフェラウンジ、ゲームコーナー、卓球台など、まあチョットしたホテルですね。給湯器もあるので、お茶を入れたり、カップラーメンを作ったりもできます。
前回、フェリーでの過ごし方をちょっと触れましたが、これだけの設備が整っているので、ピコピコしなくても結構楽しく過ごせます。自分はカメラを持ってウロウロして過ごしましたので、その成果をちょっとお見せします。
d0180073_23305033.jpg

ロビーにある中央階段。記念写真スポットになってました。
d0180073_23341167.jpg

レストランの横にあるプロムナード。窓の外にデッキが無いので視界が良く、お薦めのポイント。
d0180073_23422222.jpg

売店には北海道限定品の姿が・・・
d0180073_2344559.jpg

ロビーは結構広く、テレビもあります。
d0180073_2355564.jpg

照明なんかもホテルみたいに気を使っています

フェリーの旅ってゆったりのんびりで贅沢な感じがします。もちろん目的地までの時間はかかりますが、その時間を移動に使う事が最大の贅沢かもしれない・・・



当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転載等の利用・使用はお断りします
[PR]
by gujohachi-eb | 2010-08-31 00:04 | 行動録

猛暑そうめん流し

土曜日、enikaita氏のマンションで「そうめん流しの会」があった。ここのマンションは凄く面白いマンションで、大家さんを取り巻く住民コミュニティーがあるのだ。なんでも年に3回ほどイベントがあり、「そうめん流し」も恒例の年間行事ということだ。参加資格は住民及び住民に招待された選ばれし部外者で、参加条件は各自山海の珍味を持ち寄る事。もちろん運営は参加者全員で行われる。
enikaita氏から光栄なるご招待を頂いた私は、厳しい参加条件をクリアする為に、北海道で探してきたおいしいジャガイモ「きたあかり」と、モンゴルから持ち帰った岩塩で「じゃがバター」、それに添える為に1週間前から仕込んだ「イカの塩から」、そして「トリの照り焼き」など用意して馳せ参じました。
d0180073_2331519.jpgそうめん流しは、当日10:00時にマンションの中庭に生えている竹を切るところからスタートする。約2時間でセッティングが完成し、12:00頃に宴会開始しそこからなんと24:00まで超長丁場。そうめん以外のサイドメニューは、持ち寄りの品で溢れかえり、ビール、日本酒、焼酎、ワインと酒類も豊富で、おまけに業務用かき氷機まで出てきて本格かき氷まで出る勢いだ。しかしこの猛暑、酷暑で野外イベントはなかなか過酷で、友人tokishinは、過労だったのも災いし開始1時間でリタイア! 我々も途中enikaita 宅で1時間ほどクーリングするなどして、なんとか全行程を終える事ができた。他の参加者も適度に避難したり参加したりしていて、さすがにぶっ通し方はいなかったようだが・・・
乳幼児からお年寄りまでが集まれるこのマンション。凄く魅力的だと思いませんか? これって都内の西荻ですよ!
d0180073_372612.jpg

子供達は水浸しになりながら涼しそうに遊んでいて、うらやましいいなあ〜
[PR]
by gujohachi-eb | 2010-08-29 22:42 | 行動録

すっかりサボりました・・・

いや〜猛暑のためにブログの更新をサボってしまいました。
えっ関係ないって?

本日、私のクルマにV.I.Pがご乗車されました。
d0180073_1354075.jpg

スイカ様でございます。子供の頃はもっと安かったと思ったのに、いつの間にか我が故郷の名産である「マスクメロン」と肩を並べるほどの高級品に出世されたようです。(夏のマスクメロンは暖房費が掛からないので割と安いです)
[PR]
by gujohachi-eb | 2010-08-28 00:27 | 行動録

北海道に行く 充電電池社会

今まで長距離フェリーは何回か利用してきた。今は亡き東京ー釧路、東京ー南紀勝浦ー高知、現存する小樽ー新潟、大洗ー苫小牧、そして今回の新潟ー秋田ー苫小牧東だ。
かれこれ20年前ぐらいから利用していて、それなりには慣れている旅のスタイルになる。今回は10年ぶりになる船旅なのだが、船内の風景で大きな変化に気が付いた。
d0180073_1555648.jpgそれは船内設備ではなく、乗客の旅のスタイルなのだが、乗船時間の過ごし方で多くの乗客が、電子機器を使っているのだ。昔は、雑誌、本などの紙媒体が主流をしめていたが、今では携帯電話、携帯ゲーム機、ノートパソコンなどで、ゲーム機以外の機器でも大半の人がゲームをしていた。
時代の変化で当然の風景なのだが、乗船時間が長いためにバッテリーの容量が無くなってしまう。そのため船内至る所のコンセントに充電器がつながれるのだ。通路、ロビー、トイレ、あちらこちらにコードが散乱しているのだ。

電気が無いと余暇が過ごせなくなったのだな〜と思うと同時に、自分が関わっている紙の仕事の衰退を、改めて実感させられた風景だった。
d0180073_1542365.jpg

[PR]
by gujohachi-eb | 2010-08-12 22:01 | 行動録

北海道に行く 其の一

お盆は、帰省する。これが東京に来てからずっと繰り返してきた、お決まりの夏の行動だった。しかし今年は違うのだ。山村家始まって以来のお盆の大旅行、北海道に行くのだ。自分たちはフェリーで、弟家族は鉄道でと行程はバラバラの現地集合。8月10日がミッションの開始の日だった。
しかし、ここで大失敗。フェリーの時間を愚かにも12時間勘違いしていた事で、出発から大ブレーキとなった。10:30発を勝手に22:30発と思ってしまったのだ。思い込みというものは怖いもので、何回見ても気づかない。こんな事初めてなんだけど、自分でも驚くほどに気づかない。乗船時間が短いと知っていながら気づかない。とにかく気が付かなかったのだ・・・  びっくりした!!
気づいたのは前日深夜。母親の上京が間に合わないので、計画を変更しなければならない。予定していたのは新潟ー小樽便で、その他のルートとして大洗ー苫小牧、八戸ー苫小牧が道央行きルートとして考えられるのだが、夏休みの為か既に満室。ヤバい北海道行きに暗雲が・・・
仕方がない一日短縮だと思い、新潟ー小樽の翌日便を見てみると、若干の空席があった。早速ネット予約とキーを叩くが、なんとメンテナンス中の表示。なんどアクセスすれどもメンテナンス中の表示が立ちはだかり、朝の6:00までがんばったのだがダメで、こちらがダウンした。若干の睡眠をとり8:00頃から再挑戦するがメンテナンス中。最後の手段で、9:00開始の電話オペレーターに9:00ジャストで申し込んだのだが、既に満室との事だった。え〜と落胆していると、「夜の便にしますか?」と電話の向こうで天使の声がささやいた。
夜の便?そんなのあったっけ??と思い「夜の便って?なんですか?」聞いてみると、舞鶴ー新潟ー秋田ー東苫小牧という便があったのだ。すっかり見落としていた。そんなわけで、12時間の勘違いは、12時間の遅れとなるぐらいの被害でなんとか治まった。
d0180073_0106100.jpg

なんとか乗る事ができた「あざれあ」号。当日で空きがあったのは運が良かったかもしれない。
[PR]
by gujohachi-eb | 2010-08-11 22:23 | 行動録